img-17401811-1

一巻完結のライトノベルを紹介していきます。やっぱり1巻で終わるのはシリーズ物読むより気楽に読めていいですね。






スポンサーリンク




塩の街

塩の街 (角川文庫)

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。だが―「世界とか、救ってみたくない?」。ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の第1作にして、有川浩のデビュー作!番外編も完全収録。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043898037/manekinjapan-22/ref=nosim/

電撃ゲーム小説大賞をとっています。




ツイッター感想


塩の街 (角川文庫)
塩の街 (角川文庫)
posted with amazlet at 15.01.25
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 8,027




砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)

大人になんてなりたくなかった。傲慢で、自分勝手な理屈を振りかざして、くだらない言い訳を繰り返す。そして、見え透いた安い論理で子供を丸め込もうとする。でも、早く大人になりたかった。自分はあまりにも弱く、みじめで戦う手段を持たなかった。このままでは、この小さな町で息が詰まって死んでしまうと分かっていた。実弾が、欲しかった。どこにも、行く場所がなく、そしてどこかへ逃げたいと思っていた。そんな13歳の二人の少女が出会った。山田なぎさ―片田舎に暮らし、早く卒業し、社会に出たいと思っているリアリスト。海野藻屑―自分のことを人魚だと言い張る少し不思議な転校生の女の子。二人は言葉を交わして、ともに同じ空気を吸い、思いをはせる。全ては生きるために、生き残っていくために―。これは、そんな二人の小さな小さな物語。渾身の青春暗黒ミステリー。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4829162767/manekinjapan-22/ref=nosim/

こちらも「塩の街」のように単行本化されています。




ツイッター感想


砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)
桜庭 一樹
富士見書房
売り上げランキング: 149,283
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
桜庭 一樹
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 14,660




旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)

世界は穏やかに滅びつつあった。「喪失症」が蔓延し、次々と人間がいなくなっていったのだ。人々は名前を失い、色彩を失い、やがて存在自体を喪失していく…。そんな世界を一台のスーパーカブが走っていた。乗っているのは少年と少女。他の人たちと同様に「喪失症」に罹った彼らは、学校も家も捨てて旅に出た。目指すのは、世界の果て。辿り着くのかわからない。でも旅をやめようとは思わない。いつか互いが消えてしまう日が来たとしても、後悔したくないから。記録と記憶を失った世界で、一冊の日記帳とともに旅する少年と少女の物語。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4840241929/manekinjapan-22/ref=nosim/

表紙とタイトル好きです。内容も良いです。




ツイッター感想


旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
萬屋 直人
メディアワークス
売り上げランキング: 159,530




雨の日のアイリス

雨の日のアイリス (電撃文庫)

ここにロボットの残骸がある。『彼女』の名は、アイリス。正式登録名称:アイリス・レイン・アンヴレラ。ロボット研究者・アンヴレラ博士のもとにいた家政婦ロボットであった。主人から家族同然に愛され、不自由なく暮らしていたはずの彼女が、何故このような姿になってしまったのか。これは彼女の精神回路から取り出したデータを再構築した情報―彼女が見、聴き、感じたことの…そして願っていたことの、全てである。第17回電撃小説大賞4次選考作。心に響く機械仕掛けの物語。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/404870530X/manekinjapan-22/ref=nosim/

ロボットの話です。




ツイッター感想


雨の日のアイリス (電撃文庫)
松山 剛
アスキーメディアワークス (2011-05-10)
売り上げランキング: 26,076





紫色のクオリア

紫色のクオリア (電撃文庫)

自分以外の人間が“ロボット”に見えるという紫色の瞳を持った中学生・毬井ゆかり。クラスでは天然系(?)少女としてマスコット的扱いを受けるゆかりだが、しかし彼女の周囲では、確かに奇妙な出来事が起こっている…ような?イラストは『JINKI』シリーズの綱島志朗が担当。「電撃文庫MAGAZINE増刊」で好評を博したコラボレーション小説が、書き下ろしを加え待望の文庫化!巻末には描き下ろし四コマのほか、設定資料も収録。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/404867904X/manekinjapan-22/ref=nosim/

名作ですね。




ツイッター感想


紫色のクオリア (電撃文庫)
うえお 久光
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 9,335




AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)

その日。教科書を忘れた俺は、夜半に忍び込んだ学校で彼女と出会った。教室に向かう階段の踊り場。冷たい月の光のスポットライトを浴び、闇を見据えている少女。美しい―。そこには、人を惹き付けるオーラを放つ青の魔女がいた。…いや待て、冗談じゃない。妄想はやめた。俺は高校デビューに成功したんだ!そのはずだったのに、この妄想女はッ!「情報体の干渉は、プロテクトを持たない現象界人には防ぐことはできない」「何いってんだかわかんねーよ」実はだいたい理解できていた。田中ロミオ、学園ラブコメに挑む。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/409451080X/manekinjapan-22/ref=nosim/

田中ロミオです。




ツイッター感想


AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
田中 ロミオ
小学館
売り上げランキング: 192,615




桜色の春をこえて

桜色の春をこえて (電撃文庫)

「あたしの家にくればいいよ?それで全て解決でしょ」高校入学とともに一人暮らしをはじめるはずが、手違いにより部屋を失った真世杏花に救いの手が差し伸べられる。救い主の名は澄多有住。杏花の同級生でもある彼女は、かわいい名前に反してぱっと見は不良、停学歴アリ。一緒に暮らし始めても無愛想でわがままでおまけに生活能力もない。杏花は折り合いをつけるのに難儀するが、時折ちょっとした優しさやかわいげが垣間見え…。これってもしかして、ツンデレ?二人の少女が織りなす、感動の同居×青春ストーリー。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048860828/manekinjapan-22/ref=nosim/

そこまで百合って感じではないです。




ツイッター感想


桜色の春をこえて (電撃文庫)
直井 章
アスキーメディアワークス (2011-11-10)
売り上げランキング: 320,286





プシュケの涙

プシュケの涙 (メディアワークス文庫)

夏休み、一人の少女が校舎の四階から飛び降りて自殺した。彼女はなぜそんなことをしたのか?その謎を探るため、二人の少年が動き始めた。一人は、飛び降りるまさにその瞬間を目撃した榎戸川。うまくいかないことばかりで鬱々としている受験生。もう一人は“変人”由良。何を考えているかよく分からない…。そんな二人が導き出した真実は、残酷なまでに切なく、身を滅ぼすほどに愛しい。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048683853/manekinjapan-22/ref=nosim/

切ない話です。




ツイッター感想


プシュケの涙 (メディアワークス文庫)
柴村 仁
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 111,874




キミとは致命的なズレがある

キミとは致命的なズレがある (ガガガ文庫)

海里克也は保健室で目を覚ました。なぜここにいるのか?保健医の鏡司によると、階段で転んで気を失っていたらしい。…覚えていない。十歳のとき、大きな事故で両親と記憶を失ってしまった克也には、ここ数年の記憶しかない。また記憶が消えてしまったのだろうか。「見えないモノが見えてないか?」そんな司の問い掛けにドキリとする。―自販機の陰から伸びる少女の姿態―突如現れ克也を責める不幸の手紙―少女の死の映像と命を狩る指の感触。これは幻覚?それとも―?第5回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094512691/manekinjapan-22/ref=nosim/

サスペンスです。




ツイッター感想


キミとは致命的なズレがある (ガガガ文庫)
赤月 カケヤ
小学館 (2011-05-18)
売り上げランキング: 255,717





脱兎リベンジ

脱兎リベンジ (ガガガ文庫)

「宇宙人」と揶揄され、友達もいない内気な高校生・兎田晃吉。軽音楽部に所属する彼の唯一の趣味はギター。文化祭を控えるも、彼にはバンドを組む仲間もなく、イケメン部長・志鷹の嫌がらせで練習場所もない。そんな兎田と偶然出会い、事情と実力を知った漫研の部長・兎毛成結奈は、彼にリベンジを遂げさせるため、なにやら妙な友達を集め始めるのだが…。軽音部の笑われ者と、漫研の実力者、ふたりの残念な出会いが新しい才能を開花させる。クソッタレな世界をねじ伏せろ。第5回小学館ライトノベル大賞・ガガガ賞受賞作。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094512837/manekinjapan-22/ref=nosim/

新人らしいけど面白いです。




ツイッター感想


脱兎リベンジ (ガガガ文庫)
秀章
小学館 (2011-07-20)
売り上げランキング: 466,022




僕が七不思議になったわけ

僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)

石橋を叩いても渡らない心配性の高校生・中崎夕也はある夜、七不思議を司る精霊・テンコと出会う。深夜の校庭に桜が舞い散る中、宙に浮かぶ袴姿の彼女は、高らかに不吉な言葉を彼に投げかけるのだった。「おめでとう、お主はこの学校の新しい七不思議に選ばれた」なんと彼は七不思議の引き継ぎに、仮登録されてしまったのだ!生きながらも七不思議の一つとなった少年の日々を綴った、思わずもう一度読み返したくなるミステリアス・ファンタジー。第20回電撃小説大賞金賞受賞作。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048663224/manekinjapan-22/ref=nosim/

まとまってていい作品です。




ツイッター感想


僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)
小川晴央
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-02-25)
売り上げランキング: 60,996



まだまだ紹介したいのあるんでそのうちまたまとめます。





灼熱の小早川さん (ガガガ文庫)
田中 ロミオ
小学館 (2011-09-17)
売り上げランキング: 200,558


スポンサーリンク