E58D8AE6B2A2

今回はおすすめの企業・経済小説を紹介していきます。半沢直樹がヒットしてから企業小説を原作としたドラマが増えた気がしますね。






スポンサーリンク




オレたちバブル入行組

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167728028/manekinjapan-22/ref=nosim/

半沢直樹の原作小説です。わかりやすい面白さですね。ちなみに半沢シリーズの順番はオレたちバブル入行組→オレたち花のバブル組→ロスジェネの逆襲→銀翼のイカロスです。



ツイッター感想


オレたちバブル入行組 (文春文庫)
池井戸 潤
文藝春秋
売り上げランキング: 454
オレたち花のバブル組 (文春文庫)
池井戸 潤
文藝春秋 (2010-12-03)
売り上げランキング: 438
ロスジェネの逆襲 (文春文庫)
池井戸 潤
文藝春秋 (2015-09-02)
売り上げランキング: 119
銀翼のイカロス
銀翼のイカロス
posted with amazlet at 15.09.27
池井戸 潤
ダイヤモンド社 (2014-08-01)
売り上げランキング: 372




鉄の骨

鉄の骨 (講談社文庫)

会社がヤバい。彼女とヤバい。

次の地下鉄工事、何としても取って来い。――「談合」してもいいんですか?

中堅ゼネコン・一松組の若手、富島平太が異動した先は“談合課”と揶揄される、大口公共事業の受注部署だった。今度の地下鉄工事を取らないと、ウチが傾く――技術力を武器に真正面から入札に挑もうとする平太らの前に、「談合」の壁が。組織に殉じるか、正義を信じるか。吉川英治文学新人賞に輝いた白熱の人間ドラマ!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062770970/manekinjapan-22/ref=nosim/

ゼネコン会社の談合をテーマとした小説です。



ツイッター感想


鉄の骨 (講談社文庫)
鉄の骨 (講談社文庫)
posted with amazlet at 15.09.27
池井戸 潤
講談社 (2011-11-15)
売り上げランキング: 1,666




空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行者の母子を直撃した。ホープ自動車が出した「運送会社の整備不良」の結論に納得できない運送会社社長の赤松徳郎。真相を追及する赤松の前を塞ぐ大企業の論理。家族も周囲から孤立し、会社の経営も危機的状況下、絶望しかけた赤松に記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062764520/manekinjapan-22/ref=nosim/

三菱の脱輪事故を元にした小説です。



ツイッター感想


空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
池井戸 潤
講談社
売り上げランキング: 564
空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)
池井戸 潤
講談社
売り上げランキング: 773




ハゲタカ

新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)

大人気シリーズ第1作! 不良債権を抱え瀕死状態にある企業の株や債券を買い叩き、手中に収めた企業を再生し莫大な利益をあげる、それがバルチャー(ハゲタカ)・ビジネスだ。ニューヨークの投資ファンド運営会社社長・鷲津政彦は、不景気に苦しむ日本に舞い戻り、強烈な妨害や反発を受けながらも、次々と企業買収の成果を上げていった。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00GXRUJ6E/manekinjapan-22/ref=nosim/

投資ファンドを題材にした作品です。



ツイッター感想


新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)
講談社 (2013-11-29)
売り上げランキング: 568
新装版 ハゲタカ2(上) (講談社文庫)
講談社 (2013-11-29)
売り上げランキング: 1,271




マネーロンダリング

マネーロンダリング (幻冬舎文庫)

アジアでも屈指のオフショア金融センターである香港と日本を舞台に繰り広げられる国際金融情報小説。この小説の特徴は、通常の金融サスペンスと比較してその状況設定、描写がリアルな点にある。著者の橘玲は、「ゴミ投資家」シリーズで知られる「海外投資を楽しむ会」創設メンバーの1人であり、自ら相当の金融現場を経験していると思われる。

   小説の主人公である工藤秋生は、34歳で香港在住のFA(ファイナンシャル・アドバイザー)。都市銀行、ニューヨークの投資銀行、ヘッジファンド運用会社を経て、現在は香港で日本人を相手にオフショア関連のアドバイザーをやっている。その工藤のもとに日本から若林麗子と名乗るゴージャスな美人が現れる。日本での複雑な事情も知らぬまま、工藤はその美人に香港でオフショア会社、オフショア銀行、私書箱サービスを利用したスキームを提案。

   しかし、その数か月後、日本から黒木という男が工藤のもとにやってきたとき、工藤は自分がとんでもない深みにはまっていくことを知る。麗子は黒木が関係する50億円を日本から送金し、そのまま行方をくらましているという。黒木はオフショア事情に精通している工藤に助けを求めたのだった。

   その後、工藤は日本に飛び、話の全容を知ることになる。50億円のありかを求めて再び香港に戻り、さらに日本に戻る工藤。話はいよいよ複雑に絡んだ結末へと向かう。美人麗子の運命は? 麗子が絡んだ50億円の行方はいかに?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344403533/manekinjapan-22/ref=nosim/

ミステリー要素のある作品です。



ツイッター感想


マネーロンダリング (幻冬舎文庫)
橘 玲
幻冬舎
売り上げランキング: 7,437




トップ・レフト 都銀vs.米国投資銀行

トップ・レフト 都銀vs.米国投資銀行

国際経済小説の大型新人として注目を浴び、「喉の渇きを覚えながら、一気に読了した」と高杉良氏に激賞された衝撃のデビュー作。
日系自動車メーカーのイラン工場建設のため、1億5000万ドルの巨大融資案件がもちあがった。大手邦銀ロンドン支店次長•今西は、国際強調融資の主幹事(トップ•レフト)を獲得すべく交渉を開始するが、かつての同僚で日本を捨て、米系投資銀行に身を投じた龍花が立ちはだかる。そこに世界を揺るがす敵対的買収(TOB)が…。栄光のトップ•レフトの座を射止めるのは誰か!?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00JVDSWA2/manekinjapan-22/ref=nosim/

金融の世界を描いた小説です。



ツイッター感想


トップ・レフト 都銀vs.米国投資銀行
サウンズグッド カンパニー (2014-04-25)
売り上げランキング: 3,890




再生巨流

再生巨流 (新潮文庫)

組織というものを甘く見ていたのかも知れない…。抜群の営業成績を上げながら、スバル運輸の営業部次長・吉野公啓は左遷された。ピラニアと陰口される仕事ぶりが、社内に敵を作っていたのだ。だが、打ちのめされた吉野は、同じように挫折を味わっている男たちとともに、画期的な物流システムの実現に、自らの再生を賭ける。ビジネスの現場を抉り、経済小説に新次元を拓いた傑作。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101335710/manekinjapan-22/ref=nosim/

物流業界を描いた作品です。



ツイッター感想

float: left;
再生巨流 (新潮文庫)
再生巨流 (新潮文庫)
posted with amazlet at 15.09.27
楡 周平
新潮社
売り上げランキング: 57,300




巨大投資銀行

巨大投資銀行(上) (角川文庫)

米投資銀行とは何か。巨額の利益を吸い上げる“金融工場”の舞台裏では何が起きているのか――。バブル経済崩壊から今日に至るまでに、米・日金融戦争の最前線で繰り広げられた攻防を描いた経済小説。国際金融マンから作家に転身したという著者ならではの取材力で、ストーリーには実在する組織や史実が巧みに織り込まれている。

主人公は、米投資銀行での出世競争を勝ち抜きながらも、ついには祖国に戻り邦銀再生に立つ桂木英一。竜神宗一は、裁定取引(アービトラージ)で巨額の利ざやを稼ぐ伝説のディーラーだ。史実と重なる企業買収劇や経済事件の顛末はもちろん、事実報道のみではうかがい知れないであろう、当事者たちの心の内をも描き出していく。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/404375504X/manekinjapan-22/ref=nosim/

黒木亮の小説です。



ツイッター感想


巨大投資銀行(上) (角川文庫)
黒木 亮
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 67,366
巨大投資銀行(下) (角川文庫)
黒木 亮
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 83,271




不毛地帯

不毛地帯 (第1巻) (新潮文庫 (や-5-40))

主人公の壹岐正(いきただし)は陸軍中佐で大本営参謀。終戦の詔に対し、参謀総長の命令書が出されていない以上武装解除に応じる必要がないと解する関東軍部隊の説得に努めた。日ソ中立条約を犯して侵攻してきたソ連軍に拘置され、重労働25年の刑を宣告されシベリアに送られる。そこで11年の抑留生活をおくることになる。帰国後参謀としての経歴を買われ商社の近畿商事に入社し航空自衛隊の次期戦闘機選定争いの仕事で辣腕を振るうことになる。後半部では日米の自動車会社の提携、中東(イラン)での石油発掘プロジェクトにも携わっていく。

https://ja.wikipedia.org/wiki/不毛地帯

山崎豊子の小説です。名作なので読んでない人はぜひどうぞ。



ツイッター感想


不毛地帯 (第1巻) (新潮文庫 (や-5-40))
山崎 豊子
新潮社
売り上げランキング: 7,447
不毛地帯 全5巻完結セット (新潮文庫)


売り上げランキング: 4,138




海賊と呼ばれた男

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

すべてのビジネスマンに捧ぐ。
本屋大賞の話題作、早くも文庫化!

ページをめくるごとに、溢れる涙。これはただの経済歴史小説ではない。

一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。男の名は国岡鐡造。出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも、店員の一人も馘首せず、再起を図る。石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。

石油は庶民の暮らしに明かりを灯し、国すらも動かす。
「第二の敗戦」を目前に、日本人の強さと誇りを示した男。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062778297/manekinjapan-22/ref=nosim/

何かと話題の百田尚樹の小説です。



ツイッター感想


海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社 (2014-07-15)
売り上げランキング: 1,042
海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社 (2014-07-15)
売り上げランキング: 832




虚構の城

虚構の城 完全版 (角川文庫)

大手石油会社・大和鉱油のエンジニア・田崎健治は画期的な排煙装置を開発したエリートだったが、労働組合結成の相談を受けたことが発覚して左遷。異動先の調査課で、なれない通産省通いを続ける身となる。社内での陰湿な扱い、家族的経営の下での矛盾を感じた田崎は、自分の信じる道を進もうとするのだが…。発表当時、話題騒然となった、企業小説の第一人者・高杉良のデビュー作、40年の時を経て大幅に加筆、改稿した決定版!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041028906/manekinjapan-22/ref=nosim/

高杉良のデビュー作です。



ツイッター感想


虚構の城 完全版 (角川文庫)
高杉 良
KADOKAWA/角川書店 (2015-02-25)
売り上げランキング: 124,072




燃ゆるとき

燃ゆるとき (角川文庫)

わずか4パーセントの生存率といわれるノモンハンの激戦を生き抜いた森和夫は、「どんな苦労も苦労のうちに入らない」と、築地魚市場の片隅に従業員4人で起業した。商社の横暴、ライバル起業との特許抗争、米国進出の苦難を乗り越え、東洋水産は、「マルちゃん」のブランドと「赤いきつね」のCMで知られる大企業へと育つ。「運命共同体」を経営理念に、創業以来社員と共に歩んだ経営者の情熱と成功を実名で描く、経済小説の傑作。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041643198/manekinjapan-22/ref=nosim/

マルちゃんの東洋水産創業者の話です。



ツイッター感想


燃ゆるとき (角川文庫)
高杉 良
角川書店
売り上げランキング: 203,024
新・燃ゆるとき (講談社文庫)
高杉 良
講談社 (2011-09-15)
売り上げランキング: 207,661



小説を読む時の参考にどうぞ。





この経済小説がおもしろい!
堺憲一
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 316,486


スポンサーリンク