img_f73e921855dd4802a6f9585e71990778508785

今回は浅田次郎のおすすめ小説を紹介していきます。浅田次郎の小説をなにか読みたい人は参考にどうぞ。






スポンサーリンク




壬生義士伝

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)

小雪舞う一月の夜更け、大坂・南部藩蔵屋敷に、満身創痍の侍がたどり着いた。貧しさから南部藩を脱藩し、壬生浪と呼ばれた新選組に入隊した吉村貫一郎であった。“人斬り貫一”と恐れられ、妻子への仕送りのため守銭奴と蔑まれても、飢えた者には握り飯を施す男。元新選組隊士や教え子が語る非業の隊士の生涯。浅田文学の金字塔。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167646021/manekinjapan-22/ref=nosim/

有名な作品ですね。幕末ものが好きな方は是非読んでみてください。



ツイッター感想


壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)
浅田 次郎
文藝春秋
売り上げランキング: 5,184
壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)
浅田 次郎
文藝春秋
売り上げランキング: 6,277




蒼穹の昴

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう―中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児は、占い師の予言を通じ、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀に従って都へ上った。都で袂を分かち、それぞれの志を胸に歩み始めた二人を待ち受ける宿命の覇道。万人の魂をうつべストセラー大作。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062748916/manekinjapan-22/ref=nosim/

清朝末期を舞台とした小説です。文庫本で4巻あります。



ツイッター感想


蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
浅田 次郎
講談社
売り上げランキング: 29,938
蒼穹の昴全4巻セット (講談社文庫)
浅田次郎
講談社
売り上げランキング: 65,196




一路

一路(上) (中公文庫)

失火により父が不慮の死を遂げたため、江戸から西美濃・田名部郡に帰参した小野寺一路。齢十九にして初めて訪れた故郷では、小野寺家代々の御役目・参勤道中御供頭を仰せつかる。失火は大罪にして、家督相続は仮の沙汰。差配に不手際があれば、ただちに家名断絶と追い詰められる一路だったが、家伝の「行軍録」を唯一の頼りに、いざ江戸見参の道中へ!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122061008/manekinjapan-22/ref=nosim/

江戸時代の参勤交代をテーマにした小説です。



ツイッター感想


一路(上) (中公文庫)
浅田 次郎
中央公論新社 (2015-04-23)
売り上げランキング: 2,707
一路(下) (中公文庫)
浅田 次郎
中央公論新社 (2015-04-23)
売り上げランキング: 3,700




天国までの百マイル

天国までの百マイル (講談社文庫)

   主人公の城所安男は、自分の会社をつぶしてしまい、いまや別れた妻子への仕送りもままならぬほど落ちぶれた中年男。ある日、心臓病で入院する母を見舞った安男は、主治医から病状の深刻さを告げられ愕然とする。そのまま治療を続けても母の余命はごくわずか。残された道はただひとつ、謎の天才外科医にバイパス手術を施してもらうこと。衰弱した母をワゴン車に乗せた安男は、房総のひなびた漁村にあるカトリック系病院目指して、100マイルの道のりをひた走る。はたしてその先に奇跡は待っているのか――。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062931656/manekinjapan-22/ref=nosim/

心臓病の母を連れて天才外科医のもとに向かう小説です。



ツイッター感想


天国までの百マイル (講談社文庫)
浅田 次郎
講談社 (2015-08-12)
売り上げランキング: 9,831





椿山課長の七日間

椿山課長の七日間 (朝日文庫)

   激務がたたり脳溢血で突然死したデパートの中年課長が、たった7日間の期限つきで現世に舞い戻ってくる。ただしみずからの正体を明かすことは許されず、39歳の独身美女の姿を借りているため、行く先々で珍騒動が巻き起こる。家族に、仕事に、やり残したことをやり遂げ、主人公は無事成仏できるのか。行動をともにするやくざの組長と小学生のストーリーをからめつつ描かれる、ハートウォーミングな「死者の自分探し」の物語である。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022643528/manekinjapan-22/ref=nosim/

突然死したおっさんが美女の体を借りて期限付きで生き返る話です。



ツイッター感想


椿山課長の七日間 (朝日文庫)
浅田 次郎
朝日新聞社
売り上げランキング: 35,850




終わらざる夏

終わらざる夏 上 (集英社文庫)

1945年、夏。すでに沖縄は陥落し、本土決戦用の大規模な動員計画に、国民は疲弊していた。東京の出版社に勤める翻訳書編集者・片岡直哉は、45歳の兵役年限直前に赤紙を受け取る。何も分からぬまま、同じく召集された医師の菊池、歴戦の軍曹・鬼熊と、片岡は北の地へと向かった。―終戦直後の“知られざる戦い”を舞台に「戦争」の理不尽を描く歴史的大作、待望の文庫化。第64回毎日出版文化賞受賞作。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087450783/manekinjapan-22/ref=nosim/

戦争終盤を舞台とした群像劇です。



ツイッター感想


終わらざる夏 上 (集英社文庫)
浅田 次郎
集英社 (2013-06-26)
売り上げランキング: 11,578
終わらざる夏 中 (集英社文庫)
浅田 次郎
集英社 (2013-06-26)
売り上げランキング: 11,305
終わらざる夏 下 (集英社文庫)
浅田 次郎
集英社 (2013-06-26)
売り上げランキング: 17,661




プリズンホテル

プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)

極道小説で売れっ子になった作家・木戸孝之介は驚いた。たった一人の身内で、ヤクザの大親分でもある叔父の仲蔵が温泉リゾートホテルのオーナーになったというのだ。招待されたそのホテルはなんと任侠団体専用。人はそれを「プリズンホテル」と呼ぶ―。熱血ホテルマン、天才シェフ、心中志願の一家…不思議な宿につどう奇妙な人々がくりひろげる、笑いと涙のスペシャル・ツアーへようこそ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087473295/manekinjapan-22/ref=nosim/

極道のホテルを舞台とした小説です。



ツイッター感想


プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)
浅田 次郎
集英社
売り上げランキング: 25,763
プリズンホテル〈全4巻セット〉 (集英社文庫)
浅田次郎
集英社
売り上げランキング: 220,835




天切り松闇がたり

闇の花道―天切り松 闇がたり〈第1巻〉 (集英社文庫)

夜更けの留置場に現れた、その不思議な老人は六尺四方にしか聞こえないという夜盗の声音「闇がたり」で、遙かな昔を物語り始めた―。時は大正ロマン華やかなりし頃、帝都に名を馳せた義賊「目細の安吉」一家。盗られて困らぬ天下のお宝だけを狙い、貧しい人々には救いの手をさしのべる。義理と人情に命を賭けた、粋でいなせな怪盗たちの胸のすく大活躍を描く傑作悪漢小説シリーズ第一弾。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087474526/manekinjapan-22/ref=nosim/

大正時代の怪盗の物語です。



ツイッター感想


闇の花道―天切り松 闇がたり〈第1巻〉 (集英社文庫)
浅田 次郎
集英社
売り上げランキング: 13,205
残侠―天切り松 闇がたり〈第2巻〉 (集英社文庫)
浅田 次郎
集英社
売り上げランキング: 23,925
天切り松 闇がたり3 初湯千両 (集英社文庫)
浅田 次郎
集英社
売り上げランキング: 27,455



有名すぎるので紹介しませんでしたが読んだことない人は鉄道員も是非読んでみてください。





鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)
浅田 次郎
集英社
売り上げランキング: 6,733


スポンサーリンク